アトピーは食事で対策する【健康食品の案内】

植物

ステロイド外用薬は正しく

男性

使い終わるのは医師が判断

アトピー性皮膚炎に患った人の多くは対策としてステロイド外用薬を利用することが多いです。ただし多くの人々が知っているようにステロイドには副作用があることが知られています。そのため、アトピー性皮膚炎であっても使用に消極的な人も少なくありません。でも、ステロイド外用薬は医師の指導の元できちんと使い続ければ、副作用が起こる可能性が激減します。ここでいう「使い続ける」というのは、使い終わることも含まれています。というのも、一番危険なのが症状がなくなったからと本人の判断で使用を中止させることです。使い終わるタイミングを間違うことで、しばらく経って悪化したアトピー性皮膚炎を発症するケースもあります。使い終わるときも医師の判断を仰ぐ必要があります。

着替えやお風呂のときに

もちろん、使い終わるタイミングだけでなく、医師の指導の通りに使い続けることも対策となります。多くのケースは毎日ステロイド外用薬の湿布か塗り薬を使用することになります。それを欠かしてしまうと副作用の原因にもなります。そこで使用の対策としては日常の一部に取り入れることです。たとえば、毎日お風呂に入ったあと、外用薬を利用するといった具合です。他にもパジャマに着替えるときに利用するのも悪くはありません。アトピーの場所によっては服を脱ぐ必要があるため、ステロイド外用薬の使用はお風呂や着替えのときがベストとなります。そうすることで使い忘れることもなく、最後までアトピー性皮膚炎の対策を講じることができます。